/

この記事は会員限定です

「5Gフィーバー」3つの誤解

編集委員 関口和一

[有料会員限定]

次世代通信規格「5G」を巡る話題が一気に熱を帯びてきた。総務省が4月10日にNTTドコモなど国内通信4社に電波の割り当てを発表、「5Gフィーバー」が巻き起こっている。

あらゆるものがネットにつながる「IoT」や自動運転など様々な新技術を支える次世代通信インフラで、5年で3兆円ともいわれる設備投資にも期待が寄せられている。しかし5Gは本当にバラ色の通信技術といえるのか。3つの誤解を解き明かす。

「5G」の名前は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2990文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン