2019年8月22日(木)

原発に特定技能の外国人 東電、人手不足受け

2019/4/18 9:57
保存
共有
印刷
その他

東京電力ホールディングスは18日、福島第1原子力発電所など原発での作業のために、4月から始まった新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者を受け入れる考えを明らかにした。原発の安全対策や廃炉作業に従事してもらう。建設分野では人手不足で現場作業員の確保が難しくなってきている。

特定技能は外食、宿泊など14業種を対象に日本語能力と技能の試験に合格すれば最大5年間働くことができる制度。東電によると、原発での作業は「建設」の業種に当たる。新たな資格を持った外国人労働者からの申請があれば働けるという。

従来の技能実習制度では相手国の要望などを踏まえて作業を定めており、原発での作業は含まれていなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。