/

この記事は会員限定です

次世代交通アプリ、国交省が開発後押し 全国10~15地域

[有料会員限定]

国土交通省は次世代の移動サービス「MaaS(マース)」で検索や予約ができる専用アプリの開発を支援し、地域交通の利便性を高める。公共交通にシェアリングサービスを組み合わせ、目的地まで移動する仕組みをつくる。全国で10~15程度の事業を選び、実証実験に必要な経費の最大半分を補助する。

マースはライドシェア(相乗り)などが代表格で、自家用車を使わずに必要なときだけ料金を払って利用するサービスだ。シェアリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン