エジプト、20日から改憲で国民投票 大統領の任期延長へ

2019/4/18 2:40
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=飛田雅則】エジプト選挙管理当局は17日、大統領の任期延長などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う国民投票を20~22日の3日間の日程で実施すると発表した。有効投票者数の過半数が賛成すれば、改憲が成立する。

カイロ市内にはシシ大統領の写真入りで「憲法改正に賛成を」とのバナーが張り出されている(16日)=ロイター

改憲案は大統領任期を現在の2期8年から同12年に延ばすほか、大統領に最高裁長官の任命権を付与するなどが明記された。改憲が実現すれば、2014年に初当選した現職のシシ大統領は最長で30年まで在任が可能となる。

国民投票は16日に国会で改憲案が賛成多数で可決されたことを受けた措置。反体制派やメディアの言論を弾圧するシシ政権の強権政治に拍車がかかる懸念がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]