/

この記事は会員限定です

インドネシア大統領選がアジア民主化に落とす影

[有料会員限定]

17日に投開票されたインドネシア大統領選で、現職のジョコ氏の再選が確実になった。かつての「開発独裁」に終止符を打ち、民主化してから約20年。国民が国家元首を直接投票で選ぶのはこれが4度目だ。有権者1億9千万人という世界最大の大統領選を混乱なく終えた同国は、名実ともにアジアの民主主義のけん引役に躍り出るのか。

アジア主要国は政治の季節のただ中にある。2014年に起きた軍事クーデターからの民政復帰への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン