2019年9月16日(月)

豪鉄鉱石、生産底入れ 中国刺激策 需要下支え
リオ・ティントなど、災害復旧も進展

2019/4/17 22:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】オーストラリア資源大手の鉄鉱石生産が底入れに向かっている。リオ・ティントやBHPビリトンの生産量は1~3月に落ち込んだが近く回復する見通しだ。最大の輸出先である中国の需要が景気対策で下支えされていることが背景にある。自然災害で壊れた箇所の復旧が進むほか、生産効率も上向く。需給が引き締まり、鉄鉱石価格も上昇している。

「年初、いくつかの試練があった」。英豪リオ・ティントのジャン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。