/

この記事は会員限定です

東ソー、19年3月期 営業益2割減 ウレタンの採算悪化

[有料会員限定]

東ソーの2019年3月期の連結営業利益は、前の期比2割減の1000億円強になりそうだ。23%減の1000億円としていた従来予想を若干上回ったとみられる。合成皮革や塗料などに使うウレタン原料は、中国向けを中心に需要が弱含んだ。18年3月期に競合他社の設備トラブルで利幅が拡大しており、その反動も出たようだ。

東ソーはウレタン原料の1種である「MDI」を製造する。ウレタン原料は住宅や冷蔵庫などの断熱材など幅広...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り477文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン