2019年6月18日(火)

長野県内の自治体・金融機関、定型業務を自動化

ネット・IT
北関東・信越
2019/4/17 20:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県内の自治体や金融機関でデータ入力などの定型業務を自動化し、省力化を目指すRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が広がってきた。自治体は光熱水費の計算や保育所の受付業務に活用。金融機関は報告データの入力作業などを効率化している。RPAで単純作業を削減し、人員は付加価値の高い業務に専念できる体制を整える。

長野県は2018年7月~19年2月に、富士通と共同でRPAの実証実験を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報