2019年5月25日(土)

ロッカールームトーク

フォローする

ウッズVで大盛況 裏にマスターズ委員会の英断
公益財団法人日本ゴルフ協会専務理事 山中博史

(1/2ページ)
2019/4/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

今年も男子ゴルフのマスターズ・トーナメントに、レフェリー(競技委員)として呼ばれて行ってきました。初めて呼んでもらった2002年から、早いもので18回目のマスターズです。相変わらず年齢的には下から数えたほうが圧倒的に早いのですが、18年目ということで随分とベテランとして扱ってくれるようになった気がします。

招待状が届いたのが19年の1月、選手ほどではないにせよ、今年も呼んでくれるのかな? とドキドキしながらの年末年始でした。招待状を受け取ったときはもちろんうれしかったのですが、特に今年はゴルフ規則が大きく変わった年でもあるので、大丈夫かなという不安を抱えながら、いよいよ日本を出発するときが来ました。

18年目で初めて11番ホール担当に

舞台となるオーガスタには4月7日の夕方に入り、翌月曜日に受け付けをしてバッジや必要書類をもらって、午後から少しコースを歩きました。今年のオーガスタは雨が多く、例年に比べてグリーンもフェアウエーもソフトな感じで、距離が出てスピンコントロールのうまい選手が有利ではという印象がしました。すでに今年の担当も発表されていて、私は初日が11番、2日目は2番、3日目は15番、最終日が3番ホールの担当でした。

実は、過去17年間で11番ホールだけ担当したことがなかったので、この日は特に11番ホールをしっかりとチェックして、考えられる問題点を頭にたたき込みました。11番は毎年難度が1番目か2番目と難しく、過去に何度もドラマが起きているホールです。

ウッズの練習ラウンド。難度が毎年高い11番でティーショットを放つ=AP

ウッズの練習ラウンド。難度が毎年高い11番でティーショットを放つ=AP

1988年のマスターズで青木功プロ(現日本ゴルフツアー機構=JGTO会長)のキャディーをやらせていただいたときも、「何てタフなホールなんだろう」という印象がありました。そのときよりさらに50ヤード近くも距離が延び、しかも右サイドには樹々が植えられ、ティーイングエリアやセカンド地点、グリーン周辺の池、そしてグリーン上や周辺から見てもまさにモンスターホールという印象です。頼むから初日は、難しい左サイドにはカップを切らないでほしい、風が吹かないでほしいと祈る気持ちでこの日のコースチェックを終えました。

11番ホール、初日だけで8球が池に

火曜日は例年たくさんの会議やミーティングが入っており、ほとんどコースに出る時間がありませんでした。水曜日の朝には競技委員会が開かれ、各委員の紹介のあと、今年のコースコンディション、週間天気予報、ローカルルール、緊急避難シフト、無線の使い方、その他の注意事項が伝えられます。特に競技委員は決して目立つところにいないようにというお達しがありました。昨年、何人かの委員がTVカメラに映りこむところにいて、その映像を流して念押しされました(映っていた委員の顔は名誉のためにボカシが入っていましたが)。

その後、全員で記念写真を撮り、1番ホール横にある臨時の動かせない障害物(temporary immovable obstruction、我々はTIOと呼んでいます)からの救済に関するおさらいをしました。TIOというのはトーナメントのために設置される障害物で、たとえばギャラリースタンドや速報板、テレビ中継用施設、仮設トイレなどを指します。夜には、オーガスタナショナルの会長主催のカクテルパーティーに出席し、ホテルに帰って再度頭の中で11番ホールのシミュレーションをしながら床につきました。

大会初日の朝、競技委員ルームに行き、最初に天気のチェック、そして11番ホールのホールロケーションを見ました。ある程度予想はしていましたが、初日から左端の池の近くに切ってあり、改めて気が引き締まりました。11番ホールは2人の委員で担当するのですが、1人はセカンド地点、もう1人がグリーンサイドです。

この日の私のパートナーは米PGAツアーの競技委員で、セカンド地点に修理地となりうる箇所が多いので彼がそちらを担当し、私は終日グリーンサイドの担当をすることになりました。この日は風もなく穏やかな天気だったのですが、それでも1日で8個の球が池(イエローペナルティーエリア)に入るなど、合わせて11件ほどの処置に立ち会いました。幸い、複雑なルーリングはなかったのですが、改めてこのホールの難しさを痛感させられました。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ロッカールームトーク 一覧

フォローする
今年のマスターズはタイガー・ウッズの劇的な復活優勝で大変な盛り上がりを見せた=APAP

 今年も男子ゴルフのマスターズ・トーナメントに、レフェリー(競技委員)として呼ばれて行ってきました。初めて呼んでもらった2002年から、早いもので18回目のマスターズです。相変わらず年齢的には下から数 …続き (4/22)

大沢選手(左)と金谷選手を誇りに思う

 みなさんは誰かのためにプレーをしたことはありますか――。いきなり生意気な問いかけで申し訳ありません。ゴルフは基本的に個人競技ですので、アマチュアゴルファーはなかなか経験するチャンスがないと思います。
…続き (2018/4/16)

池が絡む15番などの担当が入っていると一気に緊張感が増す

 男子ゴルフの今季メジャー第1戦、マスターズ・トーナメント(4月5日開幕)まで残り1カ月をきりました。ファンの関心は松山英樹選手の初優勝、日本人選手が何人出るのか、タイガー・ウッズ(米国)の復活など様 …続き (2018/3/6)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]