2019年8月20日(火)

トヨタやデンソー、HVアピールに躍起 上海ショー

2019/4/17 19:00
保存
共有
印刷
その他

【上海=吉田悟巳】トヨタ自動車デンソーが、上海国際自動車ショーでハイブリッド車(HV)をアピールしている。電気自動車(EV)の発表が相次ぐ中、各国が車メーカーに平均燃費を一定以上にすることを求め始めており、当面の対応のためHVを採用するメーカーが増えるとみているためだ。トヨタが特許を開放したことも追い風に、陣営作りを急ぐ。

独シェフラーはHV向け部品も展示した(17日、中国・上海)

「これもHVですよ」。17日、ショーの会場となった上海市内の国際展示場。華々しいEVの看板が目に付く一方、各社の展示ブースで声をかけると、展示中の新型車にHVが意外に多いことに気づく。

デンソーとアイシン精機は同日、電動車向け駆動装置の開発・販売を手掛ける新会社「ブルーイーネクサス」の説明会を開いた。EVやHV向けにモーターやインバーターなどを統合した装置を車メーカーに販売する。

中国やEU(欧州連合)は、各社が1年間に販売する車の平均燃費を一定以上にすることを義務付けている。同社の山口幸蔵社長は「(政府の)EV向け補助金は今後減る。一方、もともと安価なHVは従来の予想を超えて世界で販売が増える」と話す。

トヨタは3日、HV関連特許の実施権の無償提供と、必要な場合には他の自動車メーカーに対しても有償で技術協力をすると発表した。中国の自動車メーカーも関心を示しているとされる。

HV勢はトヨタ系だけではない。仏自動車部品大手でHVシステムも手がけるヴァレオは中国市場でHVがEVを上回る勢いで普及し、23年には市場の23%を占めると予測。ヴァレオ中国法人のフランソワ・マリオン総裁は、「吉利汽車などとの間で、HVについて22のプロジェクトが進行している」と明かした。

ショーでは自動車部品大手の独シェフラーや独ZFもHVの駆動装置を展示。EVが存在感を高める中、HV勢が輝きを見せられるか注目される。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。