2019年5月24日(金)

タダノ、花山天文台を支援 アマチュア天文学の聖地

サービス・食品
中国・四国
2019/4/17 17:59
保存
共有
印刷
その他

建設用クレーン大手のタダノは、アマチュア天文学の聖地として知られる花山天文台(京都市)の運営費を支援する。2019年度から10年で計1億円を寄付する。19年に創業100周年を迎えるタダノは記念事業として、約90年の歴史をもつ花山天文台の運営支援を通じて学術的な社会貢献に取り組む。

会見した多田野社長(左)、京都大学理学研究科付属天文台の柴田一成教授(中)、京都造形芸術大学の尾池和夫学長(右)(17日、京都市)

花山天文台は太陽系・太陽の観測で世界的に有名で、京都大学が所有している。小中学生の見学や他大学の実習などを受け入れてきた。しかし京都大が18年、岡山に新しい天文台を建設したことから、花山天文台は閉鎖の危機を迎えていた。

19年4月1日設立の一般財団法人「花山宇宙文化財団」に、多田野宏一社長が評議員として参加する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報