/

この記事は会員限定です

農産品関税下げ、TPP水準まで 日米閣僚が大筋一致

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

【ワシントン=飛田臨太郎】日米両政府が16日午後(日本時間17日午前)に開いた閣僚級の貿易交渉で、日本の農産品の関税引き下げは過去の環太平洋経済連携協定(TPP)で認めた水準を限度とすることで大筋で一致した。米政府内にはTPPを上回る水準を求める声があったが、早期の関税下げを優先する。6月の日米首脳会談に向けて具体案の協議を加速する。

日米両政府は昨年9月の首脳会談で物品貿易協定(TAG)の交渉入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン