/

微細注射針のシンクランド、3億4000万円を調達

針の中心に空洞がある微細針を手掛けるシンクランド(横浜市、宮地邦男社長)は第三者割当増資と融資で合わせて約3億4000万円を調達した。調達資金は量産に向けた設備投資や人材の増強、特許の出願費用などにあてる。

シンクランドが開発しているマイクロニードル

シンクランドは光レーザー加工技術を用いた微細針「中空マイクロニードル」を開発している。体内で溶ける生体適合材料を使った外径100マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル以下の微細針のため痛みを感じないことが利点。従来の注射薬や経口薬を無痛で簡単に投与できるようにする。

第三者割当増資では2億9000万円を調達し、新たに事業会社のシミックCMO(東京・港)とdof(同)から出資を受けた。既存株主であるベンチャーキャピタル(VC)のリアルテックファンドとAISキャピタルも追加出資した。このほか、りそな銀行から5000万円の融資を受けた。

(佐藤史佳)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン