2019年6月18日(火)

消費増税前の駆け込み需要不発 マンション高値を嫌気
18年度は微減の3万6千戸に

住建・不動産
2019/4/17 17:03
保存
共有
印刷
その他

不動産経済研究所(東京・新宿)が17日に発表した2018年度の首都圏の新築マンション発売戸数は17年度比微減の3万6651戸となった。人気の都心部はマンション用地が不足し供給が減ったほか、販売価格の高騰で需要が減退した。消費増税を前にした駆け込み需要も、19年3月末の契約分までは消費税率が8%に維持される経過措置の影響で顕在化していないとみられる。

同研究所の調査によると、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の18年度の発売戸数は5年前の13年度(5万戸超)に比べ約3割減り、過去最多だった00年度(9万5479戸)の4割にも満たない水準だ。

発売戸数が落ち込んだ要因は、地価上昇などによる物件価格の高騰に加え、「人気エリアの用地取得が年々厳しくなっている」(松田忠司主任研究員)ことによる用地不足が大きい。

18年度の平均価格は17年度比小幅高の5926万円と、1990年度以来の高水準だった。都心・駅近という好立地の物件供給が市場をけん引した。ただ、この水準まで値上がりすると平均的な収入のサラリーマンらには手が届かなくなる。主な購入層は富裕層や高収入の共働き世帯に限られてきた。

19年2月時点の建物完成後も販売を続ける「完成在庫」も14年2月時点(1109戸)の3倍以上に積み増した。販売を始めた月の戸数のうちどれだけ契約に至ったかを示す「初月契約率」も平均で62%と、3年連続で好調の目安とされる70%台を割り込んだ。同研究所は「各地域ともぎりぎりの高値となっている」と指摘する。

不動産助言会社トータルブレイン(東京・港)の久光龍彦社長は「郊外の不人気エリアの物件は今後、比較的安く売られる可能性がある」と予想する。

一方、中古マンションは販売戸数を増やしている。東日本不動産流通機構(東京・千代田)が19年1月に発表した調査によると、18年の首都圏の中古マンション成約件数は3万7217件と、3年連続で高水準を保った。16年以降、新築の発売戸数を上回っている。

19年10月の消費税率10%への引き上げ前の駆け込み需要は現状では、「ほとんどみられない」(松田主任研究員)。新築マンションは、19年3月末までの契約分については8%を適用する経過措置があることから、3月の契約率は70%に達しなかった。政府の対策が駆け込み需要の発生を抑えたとみられる。

20年には東京五輪・パラリンピックで使用される選手村を改修し、大手デベロッパーが約4000戸の分譲マンションを供給する予定。数年かけて売る方針だが、大量供給となるだけに、「首都圏の市場が変調をきたす可能性がある」(久光社長)といい、新築マンションが値崩れを起こしかねないという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報