2019年7月19日(金)

循環で考えるマーケティング(1) 循環で考えるとは何か
清水聰 慶応大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/4/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「循環」と言われ、何をイメージするでしょう。商品のリサイクルや資源の再利用、あるいは大学の中をグルグル回るバスなどをイメージするのが一般的だと思います。本連載で取り扱うのは、「循環」の中でも「情報の循環」です。

インターネット、特に交流サイト(SNS)が登場する以前、消費者は自分が商品を買い、利用した経験を他の人に披露する場は、周りの人に聞かれた場合を除いてほとんどありませんでした。このため、そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。