2019年5月24日(金)

京東集団CEOを提訴 「性的暴行」と女子学生

ネット・IT
中国・台湾
北米
アジアBiz
2019/4/17 13:58
保存
共有
印刷
その他

【大連=渡辺伸】中国インターネット通販2位の京東集団(JDドットコム)創業者で最高経営責任者(CEO)の劉強東氏に性的暴行を加えられたとして、米国ミネソタ州の女子大学生が16日、劉CEOと京東に5万ドル(550万円)の損害賠償を求める訴訟をミネアポリスの地裁に起こした。劉氏の性的暴行疑惑を巡っては米検察当局が昨年12月、不起訴処分としていた。

京東集団(JDドットコム)創業者で、最高経営責任者(CEO)の劉強東氏=ロイター

京東の広報担当者や米国メディアの報道などによると、訴えを起こしたのはミネソタ大学の女学生。女性は昨年8月30日にミネソタ州の自宅で、出張により訪米していた劉氏に性的暴行を加えられ、殴られたと主張している。

京東の代理人弁護士のピーター・ウォルシュ氏は「当面はコメントをする立場にない。ただし事実でない訴えに対しては断固として弁護していく」との声明を出した。

劉氏は昨年8月31日に逮捕され、同9月1日に釈放された。捜査を進めていたミネソタ州の検察当局が昨年12月、十分な証拠を得られなかったとして、劉氏を不起訴処分とした。

京東はアリババ集団に次ぐ中国ネット通販大手で、18年12月期の売上高は4620億元(約7兆6千億円)。14年に米ナスダック市場に上場している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報