レーシングワールド

フォローする

年明け初戦馬のクラシック連勝 大手寡占化の象徴

(1/2ページ)
2019/4/20 6:30
保存
共有
印刷
その他

7日に牝馬の桜花賞(G1、阪神芝1600メートル)、14日に牡馬の皐月賞(同、中山芝2000メートル)と、3歳クラシックの第一関門レースが終わった。両レースともに史上初めて、年明け初戦の馬が優勝。前哨戦を経てクラシックに臨むという、これまでの常識が過去のものになりつつあることを示した。

こうした変化の背景には、競馬産業の寡占化が進むなか、大手生産者が日本中央競馬会(JRA)のトレーニング・センターの外に充実した調教施設を設けたことがある。トレセン外でも負荷をかけた調教が可能になり、前哨戦を使わなくても馬を仕上げられるようになったことから、大手生産者主導で前例のない臨戦過程に挑戦する馬が増えている。

桜花賞レコード、無敗での皐月賞制覇

桜花賞を勝ったのは2018年12月16日の朝日杯フューチュリティステークス(G1)以来の出走となったグランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎)だった。3着に敗れた朝日杯FSでは、初めて自身の外側から他馬にプレッシャーをかけられる形になり、馬が戸惑ったことが響いた。

その反省から、騎乗したクリストフ・ルメールはゴールまで残り800メートル付近という早いタイミングで馬群の外側を回ってスパートを開始。第4コーナーで先頭に立つと、後続を突き放した。2着馬に2馬身半の差をつける圧勝。走破タイムは1分32秒7と、18年の牝馬三冠馬、アーモンドアイの記録した桜花賞レコードを0秒4更新した。

グランアレグリアは中111日という過去最長のレース間隔で桜花賞に勝利=共同

グランアレグリアは中111日という過去最長のレース間隔で桜花賞に勝利=共同

皐月賞は18年12月28日のホープフルステークス(G1)以来の出走となったサートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝した。中位馬群の外側を回り、第4コーナーあたりから進出を始めると、最後の直線で2着馬と激しく競り合い、頭差だけ抜け出した。これでデビューから4戦4勝。ディープインパクト以来、14年ぶりに無敗での皐月賞制覇を成し遂げた。

休養明けの臨戦過程となって「不安だらけだった」と心境を明かした角居調教師は「目標は日本ダービー(東京、G1、5月26日)なので、(前哨戦も含め)2度中山に輸送すると疲れが残る」。オーナーサイドと話し合い、ぶっつけでの皐月賞挑戦となったと説明した。

この馬にも騎乗したルメールは「休養明けでまだトップコンディションではなかった。(ダービーの)2400メートルはいけそう。ダービーでもっと強い競馬をするかもしれない」と今後への手応えを語った。

トレセン外に大手牧場の調教施設充実

従来、皐月賞や桜花賞の1カ月ほど前に行われる前哨戦に出走して、本番に向かうというのが定番の臨戦過程だった。この傾向が変わり、10年代に入ってからは間隔を長く取る陣営が増えてきた。

12年の皐月賞では、2月に行われる共同通信杯(G3)からの直行だったゴールドシップがこの臨戦過程の馬で初めての優勝を飾った。以後も14~16年まで共同通信杯から臨んだ馬が3年連続で皐月賞馬となった。桜花賞では18年のアーモンドアイが3カ月ぶりの実戦で優勝した。秋の3歳G1でも休養明けの馬が実績を残しており、アーモンドアイは18年の秋華賞を5カ月ぶりで制覇。同年の菊花賞は約4か月の休養明けだったフィエールマンが勝った。

トレセン外にある大手牧場の調教施設の充実が、休養明けでも好走する馬の増加につながっている。G1だけでなく、条件戦などでもこうした傾向は強まっており、実際に数字にも表れている。年間約3300実施されている平地の全レースを調べると、09年に前のレースから10週以上間隔が空いた馬が挙げた勝ち星は397だったが、18年は733と大幅に増えた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

レーシングワールド 一覧

フォローする
種牡馬「2トップ」不在の状況で人気を集めるハーツクライ


 新型コロナ禍で経済が凍りつく中、馬は売れるのか? 7月13、14の両日、北海道苫小牧市で行われた競走馬のせり市場、セレクトセール(日本競走馬協会主催)を巡る関心事は、一点に尽きていた。結果は、「需要 …続き (7/25)

フランスでは5月11日に無観客で競馬を再開。騎手はマスクをつけてレースに臨んだ(ロンシャン競馬場)=ロイター
ロイター

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止されていた世界各国の競馬が続々と再開している。主要国ではフランスが5月11日、英国が6月1日から無観客での開催を始めた。ただ、各国のダービーが当初予定から延期さ …続き (7/11)

日本ダービーを制したコントレイルは2歳時にさほどレース間隔を空けてない一方、前哨戦抜きで皐月賞へ直行した=共同共同

 中央競馬は28日の宝塚記念で、上半期の開催が一段落する。既に2歳世代(2018年産)の戦いも始まったが、今なお記憶に新しいのは牡牝のクラシックでの無敗の二冠馬誕生である。桜花賞、オークスをデアリング …続き (6/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]