/

この記事は会員限定です

中国「国母」の街は住宅バブル 地上げ面積、世田谷区並み

うたげの後始末、経済回復に影

[有料会員限定]

中国の2019年1~3月期の実質成長率は6.4%と減速に歯止めがかかった。年後半は回復するとの見方が多いが、地方都市の不動産市場が足を引っぱりかねない。山東省●沢市(くさかんむりに河)を訪ねた。

孔子の古里、曲阜から車で2時間半。山東省南西部の●沢に着いた。習近平(シー・ジンピン)国家主席の妻で歌手の彭麗媛氏の古里でもある。

産業も観光名所もない街が有名になったのは昨年12月。16年秋から広がった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン