[FT]ノートルダム寺院再建で2大富豪が因縁対決

FT
2019/4/17 12:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランスのパリ中心部にある世界遺産のノートルダム寺院を破壊した火災が鎮火し、その象徴的な建築物の再建に関心が移るなか、資金調達の主役にライバル関係にある2つの億万長者一族が姿を現した。

ピノー家とアルノ家

まだ火災が収まっていなかった15日夜、高級ブランドグループの仏ケリングを所有するピノー家は、一族の持ち株会社アルテミスから1億ユーロ(約126億円)を寄付すると表明した。「このような悲劇に遭遇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]