自公幹事長「農業・自動車産業に配慮を」 日米貿易交渉で

2019/4/17 10:30
保存
共有
印刷
その他

自民、公明両党の幹事長・国会対策委員長は17日、都内のホテルで会談した。日米の物品貿易協定(TAG)交渉に関し、交渉開始が決まった農産品と自動車について、従事する人の心配に十分配慮して今後の交渉を進めるよう政府に求める方針で一致した。

会談後、自民党の森山裕国会対策委員長は「農家、自動車産業の皆さんが心配しているので、十分配慮しながら今後の交渉を進めてほしい」と記者団に語った。米側の求めたデジタル貿易については「日本にとっていいことではないか。今後の交渉をしっかり見守っていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]