2019年5月26日(日)

米インテル、5Gの通信半導体から撤退

ネット・IT
北米
2019/4/17 9:55
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=佐藤浩実】米アップルの「iPhone」の最新モデルなどに通信半導体を供給している米インテルは16日、次世代の高速通信規格「5G」に対応するスマートフォン(スマホ)用通信半導体の開発から撤退すると発表した。アップルがクアルコムとの知財紛争を終わらせると合意し、同社からの製品調達を決めたことに関係している決定だ。

ボブ・スワン最高経営責任者は「スマホのモデム(通信半導体)事業では収益化の明確な道筋がないことが明らかになった」とコメントした。

インテルは2016年からiPhone向けに通信半導体の供給を始めた。アップルとクアルコムの知財係争が激しさを増すにつれ、供給量を増やした。18年秋に発売した「XS」など最新モデル3機種では単独のサプライヤーになった。

アップルはクアルコムから調達できない5Gスマホの半導体についても、インテルからまかなう計画だった。同社は20年の発売をめざして開発を進めていた。5G分野では今後、パソコン向けなどに集中する。

サーバー、パソコンの半導体を主力とするインテルにとって、スマホの通信半導体はもともと主力ではなかった。2年強に及んだアップルとクアルコムの係争と突然の終結に、翻弄される結果となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報