米運用の巨人、復活は本物か
米州総局 大島有美子

2019/4/17 8:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日のダウ工業株30種平均は反発し、前日比67ドル高の2万6452ドルで終えた。IT(情報技術)大手企業の好業績への期待からハイテク株が買われたほか、長期金利の上昇を受けて金融株も相場を支えた。

「完全ではないとはいえ、米国市場は昨年の株急落で受けた損失を取り戻した」。ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は16日、1~3月期決算の電話説明会でこう述べた。2018年12月に新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]