2019年5月22日(水)

米大統領選、サンダース氏の集金力が首位 民主党内で

トランプ政権
北米
2019/4/17 4:42
保存
共有
印刷
その他

集金力で首位のサンダース候補=AP

集金力で首位のサンダース候補=AP

【ワシントン=永沢毅】2020年米大統領選に出馬を表明している候補者で、民主党系ではバーニー・サンダース上院議員(無所属)が最多となる選挙資金を集めていることが分かった。米連邦選挙委員会の調べによると、19年1~3月に同氏が積み上げた金額は1820万ドル(約20億円)で、2位のカマラ・ハリス上院議員の1200万ドルを引き離した。

サンダース氏は選挙資金のうち200ドル以下の小口献金が占める比率が84%で、候補者の中でトップだった。16年大統領選でみられた「草の根」の人気が根強いことを示した形だ。

サンダース、ハリス両氏に続く3位はベト・オルーク前下院議員で、940万ドルだった。同氏は18年の中間選挙で南部テキサス州上院選に出馬した際、上院議員の候補としては過去最多となる7千万ドルを集めた。

大統領選では集金力が選挙戦を左右する重要な要素の一つ。サンダース氏は各種の世論調査でも首位に立っている。

一方、トランプ米大統領は1~3月に3030万ドルを集めたとしており、民主の指名争いに参加している全ての候補を上回った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報