2019年6月25日(火)

米ブラックロック3%減益、年初の株価低迷響く

北米
2019/4/17 3:42
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】米資産運用大手のブラックロックが16日発表した2019年1~3月期決算は、純利益が前年同期比3%減の10億5300万ドル(約1180億円)だった。年初の株式相場の低迷が影響し、運用が振るわなかった。ただ、1株あたりの利益は6.61ドルと米調査会社リフィニティブまとめの市場予想(6.13ドル)を上回り、同日の米株式市場で同社株は一時3%高となった。

ブラックロックの運用資産総額は3%増えた=ロイター

期中の資産流入額は646億ドルとなり、前年同期と比べ14%増えた。3月末の運用資産総額は前年比3%増の6兆5千億ドル(約730兆円)となった。ブラックロック幹部は決算説明の電話会議で「米国経済は1~3月期の低調から脱し新たな状態に移ってきた」との認識を示した。

ラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は「産業界をけん引する技術を取り入れ、ポートフォリオを多角化させたことが強みを生み出している」と強調した。地域別では成長の見込める中国で資産運用事業を拡大する考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報