/

この記事は会員限定です

衆院大阪補選 自民・公明、維新はさみ思惑交錯

国政・地方またぐ

[有料会員限定]

21日投開票の衆院大阪12区補欠選挙を控え、自公両党で国政と地方をまたいだ思惑が交錯している。首相官邸には日本維新の会への配慮が見え隠れし、自民党府連は不満を強めている。公明党には衆院選での維新との「すみ分け」崩壊への危機感が強く、自力で大阪の基盤を広げられない自民党への不満が出る。維新を挟み行き違う思惑が国政での協力に影響する可能性もある。

大阪補選は自民党の北川知克氏の死去に伴うもので自民党は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン