2019年6月26日(水)

アルコール検査を忘れ乗務 バニラ・エアの試験飛行

2019/4/16 20:23
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社のバニラ・エア(千葉県成田市)は16日、男性パイロット2人が8日に羽田空港を発着するエアバスA320の試験飛行をした際、乗務前のアルコール検査をしていなかったと発表した。着陸後の検査でアルコールは検出されず、2人は社内規定が禁じる乗務開始の12時間前を過ぎてからの飲酒はしていないと説明した。乗客はなく、ほかに整備関係者6人が乗っていた。

同社によると、パイロット2人は50代機長と40代副操縦士で、8日午前6時25分ごろに羽田を出発した。検査を遠隔でチェックする役だった成田空港にいる担当者が、連絡がないことに出発の約5分後に気付いた。さらに副操縦士も北海道上空を飛行中の午前9時ごろに気付いた。同社は既に国土交通省に報告した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報