2019年5月25日(土)

北陸新幹線、福井駅など6駅のデザイン決定

北陸
2019/4/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、2022年度末に開業を予定する北陸新幹線の金沢から先の敦賀までに設ける6駅の駅舎デザインを決定した。20年度に着工する計画だ。

北陸新幹線の福井駅は永平寺などにある唐門をイメージしている

福井駅の拡張施設には新幹線が見える屋上広場を設ける

福井駅(福井市)のコンセプトは「太古から未来へ~悠久の歴史と自然がみえる駅~」とし、外観は一乗谷朝倉氏遺跡や永平寺の唐門をモチーフにした。コンコースには福井県産の木材や和紙を使用する。

同機構は17年に各駅の地元自治体に3案ずつ提示し、18年に1案に絞っていた。さらに自治体の意見や要望などを取り入れ、外観や内装などの詳細を決めた。

福井市も福井駅に隣接する拡張施設のデザインを公表した。18年5月に概要を公表していたが、県産材の杉を使う内装や、新幹線の見える屋上広場の詳細なデザインを詰めた。同施設は21年に着工予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報