/

この記事は会員限定です

JSR、外国人CEOに託す「第3の柱」

証券部 松本桃香

[有料会員限定]

JSRが合成ゴム、半導体材料に続く「第3の柱」と位置付ける医薬関連事業の成長を加速させる。3月には医薬品関連の事業部長であるエリック・ジョンソン氏が6月に最高経営責任者(CEO)に就任すると発表。今後もM&A(合併・買収)などを活用し、売上収益を現在の約2倍となる1000億円に拡大し、合成ゴムと半導体材料に並ぶ存在に育てるのが目標だ。

「破壊的なイノベーションを起こしていきたい」。3月の中旬の記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン