2019年4月22日(月)

コンビニ既存店支援に軸足 大手3社投資の6割に

小売り・外食
2019/4/16 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア大手3社は既存店の支援に軸足を移す。2020年2月期の3社の既存店への設備投資額合計(公表ベース)は前期比約2倍の2110億円となる見込み。投資額全体に占める既存店向けの割合は前期の3割強から6割まで上がる。人手不足に伴う人件費上昇で加盟店の経営環境が厳しくなっており、セルフレジの設置などで省力化を支援し、新規の出店は抑える。

セブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ロ…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報