ノートルダム寺院が鎮火、尖塔が崩落

2019/4/16 19:00
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】フランスのパリ中心部にある世界遺産のノートルダム寺院で15日夜(日本時間16日未明)大規模な火災が発生した。16日午前には鎮火し、寺院全体の崩落は免れたが、尖塔(せんとう)と屋根が焼失した。検察当局は屋根の改修工事が原因だった可能性があるとみて、出火原因を調べている。マクロン仏大統領は寺院再建を表明した。

ノートルダム寺院の尖塔は炎上によって崩れ落ちた(16日、パリ)=ロイター

パリ市当局によると、キリストの聖遺物など寺院が所蔵していた重要な文化財は運び出され、焼失を免れたという。消防当局によると、警官2人と消防士1人の計3人が軽傷を負ったが、寺院関係者や観光客らが巻き込まれたとの情報はない。

寺院は屋根の改修工事で、この作業中に火災が起きた可能性が指摘されている。屋根や尖塔には木材が使用され、激しく燃え上がる一因となったもようだ。寺院は1163年に着工し、約200年かけて完成した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]