パナソニック、半導体事業の契約見直し 市場連動に

2019/4/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックは半導体の生産委託先であるイスラエル社と結ぶ売買契約を2019年度から見直した。割高に仕入れていた部品の調達について原料のシリコンウエハーの市場価格に連動する仕組みに切り替えた。半導体事業の赤字が続くなか、原因の一つである不利な仕入れ条件は解消されたが、目標の今期黒字化はコスト削減が不可欠だ。

半導体の設計・開発を担う全額出資子会社のパナソニックセミコンダクターソリューションズ(PS…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]