/

この記事は会員限定です

NY綿花が値下がり 米国産地で天候改善

[有料会員限定]

綿花の国際価格が軟調だ。ニューヨーク先物(期近)は1ポンド76セント前後と、直近高値の4月上旬から3%下落した。3月に作付けが始まった米国産地で天候悪化の懸念が強まっていたが「米国南部の天候が改善し、反動で下がっている」(マーケットエッジ=東京・中央=の小菅努代表)。

米農務省が先週発表した需給報告で、2018~19綿花年度(18年8月~19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン