/

ソフトバンクと協定 大津市、スマートシティ推進で

協定の締結式に出席した大津市の越直美市長(左)とソフトバンクの松田寛司広域法人第二営業本部副本部長

大津市はソフトバンクとスマートシティの推進などで連携協定を結んだ。協定には官民で次世代モビリティーサービスの推進やビッグデータを利活用した地域住民の利便性向上、地場企業と共同で産業振興に取り組むことを盛り込んだ。

大津市の越直美市長は「連携することで最新の技術情報を伝えてもらえるほか、実証実験を通して新しい時代の町づくりを探りたい」と語った。ソフトバンクの松田寛司広域法人第二営業本部副本部長は「地域社会の発展に寄与していきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン