/

日本電産、オムロンの車載関連子会社1000億円で買収

(更新)

日本電産は16日、オムロンの子会社で、車載電装部品を手がけるオムロンオートモーティブエレクトロニクス(愛知県小牧市、OAE)を買収すると発表した。買収価格は約1000億円を見込み、買収時期は10月末ごろを想定する。OAEは電気自動車(EV)やADAS(先進運転支援システム)の制御技術などの電装部品で強みがある。同社の2018年3月期の連結売上高は1332億円。

東京都千代田区の帝国ホテルで開いた記者会見で日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は「車載部品では複数を組み合わせたモジュール化が進んでいる。OAEをグループに入れることは大きなシナジーを生む」と強調した。

日本電産はモーター世界大手。モーターを含めた車載関連部品の売上高を2018年3月期の約3000億円から21年3月期までに2倍の6000億円に増やす目標を掲げており、買収で事業を強化する。

オムロンは連結売上高の5割弱をファクトリーオートメーション(FA)事業が占める。車載部品事業も重点領域の一つに位置付けていたが、戦略を見直すことになりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン