/

この記事は会員限定です

[FT]インド総選挙、政治と財界の癒着体質が争点

[有料会員限定]
Financial Times

インドのモディ首相は今春の総選挙に向けた選挙活動の準備に入った際、国内トップクラスの大物実業家を選び、非公式会合を開いた。

ムンバイの臨海地に立つ植民地時代の旧総督邸で開かれた会合では、大手財閥リライアンス・インダストリーズ会長でアジア一の大富豪のムケシュ・アンバニ氏が中央に陣取った。ほかには、440億ドルの売り上げを誇るアディティヤ・ビルラ・グループ総帥のクマール・マンガラム・ビルラ氏や大富豪の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3002文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン