/

この記事は会員限定です

複雑な問題 解ける人材とは 矢野和男氏

日立製作所フェロー

[有料会員限定]

大卒理工系学生の採用難が深刻になっているという。確かにいま、企業の間では「数理的な人材」への需要が増えている。なぜ数理的な能力が必要なのか。それは単に人工知能(AI)やデータが注目されているからではないだろう。もっと大きな構造で捉える必要があると感じている。

20世紀には、標準的なモノやサービスを国の隅々まで行き渡らせることが事業の役割だった。仕事を「標準化」し、そのプロセスやルールを「横展開」す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン