/

オイシックス、AIで野菜の電話注文24時間受け付け

日経クロステック

野菜宅配大手のオイシックス・ラ・大地とNTTコミュニケーションズは2019年4月15日、人工知能(AI)と定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を使って電話注文を自動化する実証実験を始めたと発表した。利用者はオイシックスが運営する通販サイト「大地を守る会」から、24時間いつでも野菜などを注文できるようになる。

AIによる音声認識技術と、RPAを使ったデータ検索などの自動化技術を組み合わせた。利用者は専用窓口に電話をかけてカタログの番号を口頭で伝え、商品を注文する。AIが利用者の音声から注文内容を認識したうえで、こまめに注文を復唱して誤発注を防ぐ。AIが受け付けた注文のデータを基に、RPAを使って在庫の確認や確保の業務を自動化した。一連の業務を自動化したことで、人手を介さずに注文受付が完了する。

これまでは平日の午前9時から午後5時までしか電話注文を受け付けていなかった。共働きで受付時間に電話できない家庭や、ウェブサイトからの注文に慣れていない高齢者が主な対象だ。平日の午前9時から午後5時までの間は、利用者がAIかオペレーターの対応かを選べるという。実験期間は3カ月。注文の最後にはAIが利用者に満足度を質問してアンケートを取る。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 増田圭祐)

[日経 xTECH 2019年4月15日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません