上海モーターショーきょう開幕 世界大手各社EV公開

2019/4/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

【上海=吉田悟巳】中国・上海市で16日、上海国際自動車ショー(上海モーターショー)が開幕する。世界最大の中国市場では今年から、メーカーに一定比率の電気自動車(EV)などの生産を義務付ける規制が導入された。中国で販売シェア首位の独フォルクスワーゲン(VW)や米ゼネラル・モーターズ(GM)など、世界大手が相次ぎEVなどを先行して公開した。

上海モーターショーが開幕する(15日)=ロイター

上海モーターショーが開幕する(15日)=ロイター

VW傘下の独アウディは15日、EVのコンセプト車「AI:ME」を公開した。特定の場所や一定の速度などの条件下で、人が運転に関与せず、自律的に目的地まで走行する「レベル4」の技術を搭載した。

アウディが公開したコンセプト車「AI:ME」(15日)=ロイター

アウディが公開したコンセプト車「AI:ME」(15日)=ロイター

GMは高級車ブランド「ビュイック」として初めてとなるEVの「Velite(ヴェリート) 6」を公開し、近く中国で発売すると発表した。ワゴンのようなスタイルで、通常のEVに比べて室内空間を広くし、実用性を高めた。

スマートフォン(スマホ)をカギ代わりに利用でき、自動車を所有せずに共有する「シェアリングサービス」での利用も見込んでいる。上海汽車集団との合弁会社の武漢工場で生産する。

独ダイムラーはEVの多目的スポーツ車(SUV)「EQC」を9月末に中国で発売すると発表した。

トヨタ自動車日産自動車ホンダといった日系大手は16日、新型車などを発表する。18年の中国のEVなどの新エネルギー車の販売台数は125万台に達した。世界最大の市場を巡り、大手メーカーの戦いが激しくなりそうだ。

カバーに覆われた車が並ぶメルセデスのブース(15日)=ロイター

カバーに覆われた車が並ぶメルセデスのブース(15日)=ロイター

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]