グロービス、360億円のVCファンド 年金資金など流入

2019/4/16 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のベンチャーキャピタル(VC)が運用規模を拡大している。大手のグロービス・キャピタル・パートナーズ(東京・千代田)はこのほど、約360億円の新ファンドを設立した。投資先であるメルカリが2018年に上場した効果で、年金基金などの機関投資家の資金が流入。1社あたりの投資額を最大50億円に引き上げ、ユニコーン企業の育成を加速する。

VCの先進国である米国では、1ファンドあたりの平均規模は約200億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]