/

EU、著作権法改正案を採択 グーグルなど対象に

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は15日の閣僚理事会で著作権法の改正案を採択した。米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれるIT(情報技術)企業に著作権侵害のコンテンツの削除や、適切な著作権の使用料支払いを義務付けるのが柱。インターネット上のニュース記事や動画、音楽などの著作物の制作者と協議のうえ、公平な使用料を支払うことも義務付ける。

改正案はグーグルなどのIT企業により厳格な著作権管理を義務付ける=ロイター

EUで著作権に絡むルールの抜本見直しは約20年ぶり。すでに欧州議会も承認しており、加盟国が2年以内に国内法を整備したうえで、2020年にも施行される見通しだ。AFP通信によると、イタリアやフィンランドなどは反対した。

改正案を巡っては、メディア産業やアーティストらにはコンテンツを作成する側の権利を強化できるとして支持する声が多かった。グーグルなどのIT企業は「表現の自由が脅かされる」などと強く反発していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン