「8050問題」深刻化 ひきこもる50代、80代の親が困窮

2019/4/15 20:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中高年のひきこもりが問題化している。内閣府が3月に公表した調査では、40~64歳の推計61万人が自宅に半年以上閉じこもっているとされた。80代など高齢になった親が、ひきこもる50代ら中年の子を抱えて困窮する「8050問題」が深刻になっており、自治体は対策を模索する。

「母親のうめき声が聞こえなくなり亡くなったと思ったが、何もできなかった」。2018年11月、横浜市の自宅で死亡した母親(当時76)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]