フレンチのオトワ、大谷の食を世界に発信
宇都宮にラボ併設レストラン

2019/4/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界的フレンチシェフとされる音羽和紀氏が代表を務めるオトワ・クリエーション(宇都宮市)は、2021年にも同市大谷地区にレストランと食の「ラボ」を備えた複合施設を開く。地元食材を使用するフレンチレストランを新たな旗艦店とし、企業や料理人、生産者などが集まり商品開発やセミナーを行うラボも併設。大谷や栃木県の食と農の魅力を国内外に発信する。

施設を建設するのはJR宇都宮駅から車で30分ほどの場所で、敷…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]