超小型電気自動車が有料運行開始、広島県福山市

2019/4/15 18:48
保存
共有
印刷
その他

広島県福山市は15日、昨年秋に同市鞆町で実証運行を行った超小型電気自動車(グリーンスローモビリティ)が有料運行を始めると発表した。19日から、アサヒタクシー(福山市)が毎日9時~18時に鞆町内のみで運行する。料金は通常のタクシーと同額(初乗り630円)。今年夏には鞆鉄道(同)もバスとして運行を始める。

最高時速約20キロ、4人乗りの車両で運行する。電話で乗車地点まで呼び出し、病院や商店に行く際などに使ってもらう。道幅が狭いエリアなどの新たな"足"として国が公募し5市町で実証が行われたが、同車両の有料運行は福山市が初めて。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]