/

神奈川県、損保と相次いで協定 自転車条例の保険加入義務を普及

神奈川県は損保ジャパン日本興亜やau損保と、自転車の交通安全促進に関する協定を結んだ。自転車利用に関する損害保険の加入が県条例で義務化されたことを受け、事故防止や自転車事故に対する保険未加入者を減らす狙いがある。

県は今月1日に「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を施行。交通ルールの順守などを定めた。一環として、6カ月の周知期間後の10月から自転車損害賠償責任保険への加入を義務化する。罰則はない。

協定を結んだ両損保は、県内の顧客などに条例を周知。自転車向けの保険情報を提供し、利用を促す。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン