2019年4月20日(土)

港湾労組、22年ぶり平日スト コンテナ作業に影響

経済
2019/4/15 23:30
保存
共有
印刷
その他

全国の港湾労働者が加入する全国港湾労働組合連合会は、大幅な賃上げなどを求めて14日から48時間のストライキに入った。全国の主要な港でコンテナの積み降ろし作業ができなくなっている。平日に24時間のストライキを実施するのは1997年以来、22年ぶりとなる。現時点では国内の物流網に大きな影響は出ていない。

全国港湾労働組合連合会は今年の労使交渉で大幅な賃上げや定年延長の早期実現などを求めていた。業界団体の日本港運協会との交渉がまとまらず、平日にまたがる異例のストライキに入った。

組合側は交渉が不調に終われば、4月から5月にかけての大型連休中もストライキを実施する可能性を示唆している。関係者の間では、ストライキが終わる16日朝以降の港湾の混乱を懸念する声が出ている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報