/

この記事は会員限定です

取締役会への報告は公表前日 大和ハウスの不適合住宅 ガバナンス甘く

[有料会員限定]

大和ハウス工業が不適切な部材や構造で賃貸アパートと戸建て住宅を建てていた問題で、2016年末に問題を把握しながら担当役員らが取締役会で初めて報告したのは公表前日の11日だったことが分かった。過去に起きた同様の問題を機にチェック機能を持つ部署を設けたにもかかわらず見抜けなかった。同社の企業統治の甘さが問われそうだ。

対象は2078棟のアパートや戸建て住宅。うちアパート200棟は屋外の2階廊下を支え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン