マンション内の騒音、設計時に9割解決できる
過敏になる音問題(上)

2019/5/8 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

音は集合住宅で特にトラブルになりやすい。音の捉え方は人それぞれ。客観的な指標を持ち出しても、問題の解決に至らないケースが少なくない。しかし、建物内の騒音であれば「設計時に9割が解決可能」という専門家もいる。

■日常の基準50デジベル

集合住宅で紛争になった不具合の多くは、音が原因だ。建築基準法では音に関する規定が少ないが、設計時の配慮を欠くと、後に痛い目を見る。音トラブルを防ぐには、建物と音の特性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]