2019年5月27日(月)

衆院議長「皇位安定継承、早期に議論を」

「令和」新時代
政治
2019/4/15 19:35
保存
共有
印刷
その他

講演する大島衆院議長(15日、都内)=共同

講演する大島衆院議長(15日、都内)=共同

大島理森衆院議長は15日、都内で講演し、安定的な皇位継承策について速やかな検討に入るよう政府に求める考えを示した。検討時期に関しては皇位継承に伴う一連の儀式を終える秋以降とした上で「政府は検討に入ってほしい。その後、立法府には結論を出すという大きな政治課題が課せられている」と述べた。

大島氏は「(皇位継承に伴う)一連の儀式が執り行われた後に、政府は静謐(せいひつ)な環境でぜひ検討に入ってほしい」と語った。

2017年に成立した天皇陛下の退位を実現する特例法は付帯決議で「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設など」を巡り、法施行後速やかに検討し国会に報告するよう政府に求めている。大島氏は特例法取りまとめに中心的な役割を担った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報