勝負はこれから

フォローする

低迷広島、立て直しなるか 近づくタイムリミット
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2019/4/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

広島が開幕から5カード連続の負け越しという、まさかの滑り出しとなった。丸佳浩の移籍、新井貴浩氏の引退を受け、新しい広島をつくるという決意で臨んだ今季。開幕早々の試練は生みの苦しみだった、ということになればよいのだが。

各チームと一通り対戦が終わり、残った成績は4勝11敗という寂しい数字。首位ヤクルトに3連敗したのが痛く、6ゲーム差をつけられている。

12日のDeNA戦で大量リードを許し、さえない表情で試合を見つめる広島・緒方監督=共同

12日のDeNA戦で大量リードを許し、さえない表情で試合を見つめる広島・緒方監督=共同

一つの分岐点になった試合がある。開幕シリーズで巨人に連敗して、ナゴヤドームに乗り込んだ2日の対中日1回戦だ。3-3の七回、長野久義のソロで勝ち越した広島が裏のマウンドに送り出したのは新人の島内颯太郎(九州共立大、ドラフト2位)だった。

巨人戦で初マウンドを経験していたが、負け試合の最終回だった。勝負がかかった場面での登板は初めてとあって、さすがに荷が重かった。先頭の堂上直倫に四球を与え、バント、申告敬遠などで2死一、二塁としたところで降板した。代わったヘロニモ・フランスアが京田陽太に同点打を喫し、八回、中日に勝ち越しを許す展開になった。

巨人戦でも3四球を与えて失点していた島内の起用はリスクが高かった。それを承知でマウンドに送った采配からは、勝ち試合で使える投手を一人でも増やしたい、という意図がうかがえた。だが、振り返ってみると、勝てる試合を落として3連敗となったあのあたりが、泥沼の入り口だったようだ。

今後2週間、勝率5割に近づけられるか

まだ始まったばかりとはいえ、借金7はきつい。緒方孝市監督の就任から昨季までの4年間の「開幕1カ月」をみると、2015年が9勝16敗で首位巨人と5.5ゲーム差の最下位、16年が16勝12敗で首位巨人と0.5ゲーム差の2位、17年が16勝10敗1分けで、2位阪神に1ゲーム差の首位、18年が17勝10敗で2位巨人に2ゲーム差の首位だった(いずれも4月終了時点)。

リーグ優勝を重ねてきたこの3年間も、4、5月くらいまでは先発陣が固まりきらず、試行錯誤を重ねていたイメージがあった。毎年勝ち頭が交代していることでもわかるように、その年のチームの形がみえてくるまで時間がかかっていた。それでも優勝した年に、4月を借金で終えた年はなかった。この点からすると、今後2週間で、どこまで勝率5割に近づけられるかが、一つのポイントになってきそうだ。

上がり目がないわけではない。1週間のうちに2度の無得点負け(7日=阪神・西勇輝、12日=DeNA・今永昇太)を喫したが、これが実力というほど広島打線は落ちていない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
第2戦の一回、先制を許した今井(右から3人目)のもとに集まる西武ナイン=共同共同

 リーグの覇者、西武としてはあまりにつらいクライマックスシリーズ(CS)敗退だった。だが、菊池雄星、浅村栄斗が抜け、昨季最多勝の多和田真三郎も不調、という試練を克服するなかで、チームの新しい形も見えて …続き (10/15)

引退試合となったDeNA戦の二回、マウンドへ行き沢村(左)と握手を交わす阿部=共同共同

 自身が「サプライズ的に決断したところがあった」と明かすくらいだから、巨人・阿部慎之助の現役引退には、何かの弾みのような要素がからんでいたのかもしれない。もちろん、引退は選手にとって最大の決断。降って …続き (10/1)

本塁打や打点部門で年少記録を更新し続けるヤクルト・村上。一方で三振の数でもリーグトップを走る=共同共同

 投手としては与四球、打者としては三振が、野球で喜ばしくない記録の筆頭だろう。だが、こうした「マイナス」の記録に、選手の特徴が表れているケースが少なくない。三振や四球からみえてくる選手の味とは……。
  …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]