2019年5月20日(月)

政府、「就活ルール順守」を要請 経団連代表らに

政治
2019/4/15 20:30
保存
共有
印刷
その他

宮腰光寛一億総活躍相は15日、内閣府で中西宏明経団連会長と三村明夫日本商工会議所会頭と会い、2021年春入社の学生を対象とする「就活ルール」を順守するよう企業側に求めた。政府は昨年、企業による面接の解禁時期について大学4年生の6月からとするルールを定めた。経済界の代表に直接要請することで、ルールの徹底をはかる狙いがある。

宮腰光寛一億総活躍担当相(右)と意見交換をする(左から)日本商工会議所の三村明夫会頭と経団連の中西宏明会長(15日、内閣府)=代表撮影

宮腰光寛一億総活躍担当相(右)と意見交換をする(左から)日本商工会議所の三村明夫会頭と経団連の中西宏明会長(15日、内閣府)=代表撮影

これまでは経団連が事実上の就活ルールを定めてきたが、経団連会員企業に限られており、ルール破りも横行していた。政府がルールを主導することで、順守する対象企業が広がることを期待する。ただ、ルールを破った企業への罰則規定はなく、実効性を疑問視する声もある。インターンを通じた早期の採用や、通年採用を重視する動きなどが加速する可能性も否定できない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報